リンクス公開!

とうとうリンクスの写真が公開されました!

リックの構想から完成までのプロセスが映し出されています。

それにしても、とことん全てをハンドビルドしなきゃ気が済まないリック。。。。。

普段は、何してるかわからないオトーサンだが。。。。。。。

こんな工作してたなんて。。。。

昨年、年一度しかないディーラーミーティングにて、全米のディーラーが集まっているのにも関わらず、言っていたあの一言を思い出した。

’中途半端な作品は見せれない。以上。’

その裏には、個性たっぷりのリンクスというキャットが眠っていたというわけである。

次の私のボートは決まったな。

http://basscatjapan.com/

リニューアル発表

明後日から開催のバスマスタークラシックでのショーで、バスキャット最新モデルが発表される予定です。

まずは、リニューアルモデルとなるパンテラクラシックのコンセプトから完成に至るまでの工程がHPにて発表されました。

19フィートでありながら、150馬力でもしっかりとしたパフォーマンスで、200馬力まで搭載可能としているパンテラクラシック。 フロントデッキも大きくなり、日本のフィールドでも活躍しそうですね!

詳細は近日中にバスキャットジャパンにてアップ予定です!
http://basscatjapan.com/

バスキャット上陸!

新型マーゲイ含め、ビーフリークに4台のバスキャットが入庫しました。

数週間前に、バスキャット本社にて確認したボート達が、無事日本に到着してくれました。

さて、アメリカでも大人気のこの子達が、日本でも増えてきて、これからが楽しみになりました。

http://www.basscatjapan.com/

バスクラス

今日は、アメリカの中学、高校生の釣りクラスに参加してきました。

ここから何人のバスプロが生まれるのでしょうか?

将来が楽しみですね!

妥協なきクラフトマンシップ

ボートデザイナー・リックピアス氏の創造から形になるまでのプロセスを描いたムービーです。

先日MLF用に30秒カットに編集された動画のフルバージョンです。

http://www.basscatjapan.com

デザイナーの意思を受け継ぐ職人達が、細部にいたるところまでこだわりを持って造り続けています。

私も何度か秘密のR&Dルームを訪れてますが、そこにいる時のリックの姿は、いつもとは違いました。

40年近い経験を持って、’ここに水が当たってエアホールが出来た姿勢になるんだ!’ と輝いた瞳で説明している。

ハルのスカルプチャー部をタッチしてみろ、と言い、前方からリアまで歩きながら、’こうやって(水に)触れるんだよ’ と目をつぶって話している60近いおじさんの姿は、40年間ずっと少年のままだったのです。

これって何年か前に会ったアーティストと似ている感覚だった。 

私の目の前には、山が勢いよく噴火している絵が飾られていた。

彼は自分の絵を指さし、私に言った。

’これなんだと思う?’

’いやー、ものすごい勢いで噴火して、今にも地球が熔けちゃいそうな熱さを感じるよ!’と、私。

’まさにそうだ!’

’………………….?’

’私の嫁なんだよ’

’!!!’

’彼女と私は3,4か月に一度、数日間しか会えない。だから毎日忘れられない彼女を描いたんだ!’

これが70歳を超えたおじいさんの表現力です。

マイバスキャット完成!

今年のボートが完成しました!

チャコールミストをベースに、フロセントオレンジのアクセント。

ホイールはProwlerにアップグレード。

メディアセンターステレオまで付けちゃいました!

魚探はローランスHDS12Gen3をメインにしてます。

やっぱ、走りながらスポットの名前を打ち込めるタッチスクリーンの速さと使いやすさはピカイチですね。

バスキャットジャパンHPに写真と仕様がアップされてます!

http://www.basscatjapan.com/

勿体ないけど、年末には手放しちゃうので、ご興味ある方はバスキャット取扱い店までご連絡を!

あー、今から楽しみ! これで、来週は久々のセミノールに行っちゃうよ!

本社に到着!

途中で新しい釣具屋に寄って遅くなってしまいましたが、バスキャット本社に到着!

www.facebook.com/kotakiriyama.bass

アラバマよ、あらばまよ!

昨日はCoosaリバーバスマスターズの毎月開催されるミーティングに参加してきた。

そこでは、新しい出来事の報告やニュース、トーナメント結果の発表、ニュータックル紹介等、釣り仲間が集まって盛り上がるネタが飛び交っている。

ここ数年、参加できる時は、ずっと出席していたのだが、今日はメンバーの一人が手を上げて私をオナー会員にしようと発言した。周りのメンバーの同意で、なぜか急遽、永久名誉会員に任命されて吃驚した!

まさかバスフィッシング本拠地でもあるアラバマ州で私が地元の釣り人に混じって、こんな事になるなんて、夢にも思わなかった。

アメリカに住み続けて20年。巨大な大地に夢見て、バスを追い続けてきた。周りは白人ばかりの社会であるにも関わらず、私を受け入れてくれる彼らの心の広さとゆとりに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

法的居住権利はお金と書類さえ揃えれば取得できるが、今回の彼らから頂いた市民権はプライスレス。

そして、そんな国境も人種にも差別なく、我らの世界を平等に繋げてくれるバスは釣り人の神様。

これからもアメリカには日本の素晴らしさを、そして日本の皆さんにはアメリカの広大さと夢を伝え続けていきたい。 

https://www.facebook.com/kotakiriyama.bass

マークへ出動

今日は久々にマークへ出動。

Gルーミスの最新GLXが入荷されてました!やっぱ、ルーミスにはルーミスにしか出せないテーパーがいいですよねー。 この粘りと曲がり方はいつの時代でも先端を走り続けます。 これまでのGLXのデザインを残しながらも、軽くなって、メチャいいですよ! 

そして、店員とは真面目な話と業界裏の面白いネタで盛り上がり。。。。。あっという間に数時間。。。。。

話題にもなったスイムベイトがちょうど入荷され、いつものパターンで、’あげるからテストして教えてくれ!’ と全種類を渡されたので泳がすのが楽しみですねー。

https://www.facebook.com/kotakiriyama.bass

パンチ動画アップ!

フェイスブックやソーシャルメディアを通して、沢山の誕生日メッセージありがとうございました!

今日は、この前まで行ってたフロリダ釣行で撮ったパンチ動画を上げてみました。

ヘビーなタックルを必要とするので、より軽く、強く、スムースに動けるセットでないと一日10時間以上を数日間続けてできませんよねー。

今回はこれまでテストして出来上がってきたニューエクスプライド1711XHにCurado70XGを組み合わせて、ラインはパワープロ65ポンドを巻いてみました。 

持った感じは、リールの小ささが日本人の手である自分にもしっくり来てるのでよかったのと、ロッドバランスもパンチがメインとなるので、微妙にティップ側に寄っていて、フリップもしやすいです。

バイト感じたら、一瞬で合わせて抜きあげるので、コレ系の釣りには、XGの超ハイスピードギアはマストですね。 でないと、すぐにバスがカバーに潜ってしまって、チーン終了!となっちゃいます。

ルアーもカバーに当たってすぐにフックが飛び出すようなモノじゃ、カバーに引っかかってしまうのでNGです。

ウェイトがカバーの穴をすり抜けて落ちた時にコンっと手に伝わり、反射的にガツン!っとフッキングした時の感触はたまりません! 

最初の頃のバイトは ’え?まじ?’ っと感じると思いますが、カバーに当たった時とは明らかに違う感触の生命感を感じてる証拠ですので、自分の本能を信じて、その瞬間にガッツリ合わせてみてください。 きっと新しい釣りの世界に突入できますよ!

琵琶湖南湖にも、似たようなエリアが沢山あるので、是非試してみてください。 この寒い時期のキモは一番濃いところに頑張って入れるってところです! 

フェイスブックもアップしてますので、フォローよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/kotakiriyama.bass 

使用タックル
Rod: Shimano Expride 1711XH
Reel: Shimano Curado 70XG
Line: Power Pro 65#
Hook: Owner Jungle 5/0
Lure: Jackall Archelon 4.5″