スティーブ優勝!

バスキャットプロであるスティーブケネディが、バスマスターエリート戦で逆転優勝しました!

誰よりも遠くへ走り、誰もが入る事を想像しなかった超シャローのバックウォーターエリアへ突入しての結果です。

私もライブで見てましたが、最後のキッカーバス釣った時はしびれましたねー

テレビやメディア慣れしてないけど、逆にそのピュアぶりがストレートに写されてて、感動しました。

いつも同じキャンプ場に滞在してましたが、スティーブはものすごく純粋で、頭がスーパー切れる人です。 超一流大学であるMITの入学テストに受かっていながら面接で ’あまりにも変わっている’ という理由で、断られたぐらい飛びぬけてます。 タイプで言ったら、映画 ’ビューティフルマインド’ の中でジョンナッシュ役をやっていたラッセルクロー。 っていうか、古いけど日本で公開されてたのかな?

それにしても、胸にはバスキャットのみ、そして使っているリールは20年以上も前のシマノキュラド。 それで、今年のバスマスタークラシック準優勝して、エリートで優勝。 これがシンプルに何かを物語っています。 数字は人間が作り出した人間世界の理論で、それは既に学んだ、との事。 今は数字じゃ計れない挑戦が楽しくてたまらない、と言って毎日釣りに出ている心優しいピュアな釣り人です。

おめでとう、スティーブ!

2016年度アメリカンドリームの完了

昨日で、バスキャットインビテーショナル全日程が終了しました。 そしてチームジャパンとして参戦した坂田選手とバスキャットオーナーとして参加された中原さんから、無事日本到着のご報告が届きました。

大会最終日の坂田選手は5ポンド近いサイズのガンターズビルバスを持ち込んでくれて会場が沸きました。

中原さんも、3本で10ポンドオーバーといういいサイズのバスをウェイインして盛り上げてくれました。

二人とも普段使い慣れない苦手な英語であっても、ステージに上がった時の釣りや旅の説明をしようとしている姿は逞しく、嬉しく思いました。 文法の間違いを気にして話さないよりは、知っている単語を繋げるだけでも十分相手には気持ちが伝わります。 会場にいたお客さんやバスマスターエリート選手にも、その気持ちが伝わり、喝采を浴びていました。

毎朝3時過ぎに起きて釣りの準備をして、丸一日湖上で釣りを楽しみ、会場や町で明るく振る舞うアメリカ人やカナダ人との出会いに圧倒されることもありましたが、文化の違いを肌で感じて視野の広がりを覚えたり、短い時間ではあったと思いますが、釣り以外の事も体験して感じる何かがあったようです。

特に試合スタート直前のアメリカ国家が流れている時に、直立して帽子を取り、胸に手を当ててるアメリカ人の姿を見た時は、彼らの愛国心を垣間見たようです。 いつも自分を確立して生きているアメリカ人をまとめることは難しいですが、彼らの国への愛と敬意が絶大なものである事を証明していますね。 そういった機会に出会えるからこそ、私たちは日本人としてのアイデンティティと ’自分’ という存在を考える事ができるのかもしれません。

大会二日目の朝のスタートライブ中継は私のフェイスブックページの載っていますので、ご覧頂ければ、雰囲気が伝わるかと思います。 https://www.facebook.com/kota.kiriyama

今回のアメリカンドリームトリップの写真や動画は公式サイトにてご覧いただけます。
http://www.kotaamericandream.com/japan/index.html

さて、これにて昨年11月3日の文化の日に開催されたときから始まった2016年度のアメリカンドリームが完了致しました事、ご報告とさせてください。 このイベントを開催するにあたり、ご協力、ご参加頂いた皆様にお礼を申し上げます。 皆様の ’夢’ とそれをサポートする姿勢があるからこそ、’アメリカンドリーム’ が存在しています事、大変感謝いたしております。

約半年間という時間が流れましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 仕事、学校等、お忙しい時間を過ごしているかと思いますが、次なる目標と夢を持って進んでください。 アメリカンドリームも今は無事終了した事にホッとしている感がありますが、今後が決まり次第、このブログやフェイスブック等のソーシャルメディアから、皆様にお伝えさせて頂きたいと思っております。

それでは、Let’s American Dream! 

また、皆様にお会いできる事、楽しみにしております。

2017年4月24日

桐山孝太郎

アメリカンドリーム到着!

今年度日本を代表してバスキャットインビテーショナルに参加する坂田君とバスキャットオーナーとして参加するセンターフィールドの中原さんがアラバマに到着!

早速ビッグハンバーガーにかぶりついたり。。。

ショッピングを楽しんだり。。。。

そして、今年度開催地であるガンターズビルが一望できるロッジに到着!

彼らの活動はアメリカンドリーム公式サイトにてアップ中!

http://www.kotaamericandream.com/japan/

さて、今年のチャレンジャーはどうなるか?

お楽しみに!

Lynx & Pantera Classic 動画アップ!

先日のクラシックのショーでデビューしたバスキャットニューモデルとなるリンクス

それと、パンテラクラシック。

まだどちらもプロトタイプではありますが、リンクスは全長20フィート8インチ、ビームが96インチで、かなりワイド仕様となってます。

 

特にフロントデッキ前方付近が広くなっているのが特徴です。

フロントLEDライトも朝夕薄暗い時や霧がかった時にも便利ですが、それよりアルミベースプレートで片目を隠して尖った感がある姿が、まるで ’矢吹ジョー’ ってちょっと古いですが、かっこよかった!

新しいスタイルのハンドレイルとエアインテイクも装備され、更に剛性感も増した感じとなってました。

バスマスターオープン初戦を優勝して、エリート初戦も優勝争いをしたバスキャットプロのジェシーにも会えて、二人してリンクスについて語り合ってました。

流行りに飲み込まれず、常に独創的アイデアとデザインで最先端を走り続けるバスキャット。 今回もとんでもないキャットを世に出しましたね!

http://www.basscatjapan.com/

Lynx のファーストインプレ動画です。

お問合せはバスキャット取扱い店まで!

http://www.basscatjapan.com/

リンクス公開!

とうとうリンクスの写真が公開されました!

リックの構想から完成までのプロセスが映し出されています。

それにしても、とことん全てをハンドビルドしなきゃ気が済まないリック。。。。。

普段は、何してるかわからないオトーサンだが。。。。。。。

こんな工作してたなんて。。。。

昨年、年一度しかないディーラーミーティングにて、全米のディーラーが集まっているのにも関わらず、言っていたあの一言を思い出した。

’中途半端な作品は見せれない。以上。’

その裏には、個性たっぷりのリンクスというキャットが眠っていたというわけである。

次の私のボートは決まったな。

http://basscatjapan.com/

リニューアル発表

明後日から開催のバスマスタークラシックでのショーで、バスキャット最新モデルが発表される予定です。

まずは、リニューアルモデルとなるパンテラクラシックのコンセプトから完成に至るまでの工程がHPにて発表されました。

19フィートでありながら、150馬力でもしっかりとしたパフォーマンスで、200馬力まで搭載可能としているパンテラクラシック。 フロントデッキも大きくなり、日本のフィールドでも活躍しそうですね!

詳細は近日中にバスキャットジャパンにてアップ予定です!
http://basscatjapan.com/

バスキャット上陸!

新型マーゲイ含め、ビーフリークに4台のバスキャットが入庫しました。

数週間前に、バスキャット本社にて確認したボート達が、無事日本に到着してくれました。

さて、アメリカでも大人気のこの子達が、日本でも増えてきて、これからが楽しみになりました。

http://www.basscatjapan.com/

バスクラス

今日は、アメリカの中学、高校生の釣りクラスに参加してきました。

ここから何人のバスプロが生まれるのでしょうか?

将来が楽しみですね!

妥協なきクラフトマンシップ

ボートデザイナー・リックピアス氏の創造から形になるまでのプロセスを描いたムービーです。

先日MLF用に30秒カットに編集された動画のフルバージョンです。

http://www.basscatjapan.com

デザイナーの意思を受け継ぐ職人達が、細部にいたるところまでこだわりを持って造り続けています。

私も何度か秘密のR&Dルームを訪れてますが、そこにいる時のリックの姿は、いつもとは違いました。

40年近い経験を持って、’ここに水が当たってエアホールが出来た姿勢になるんだ!’ と輝いた瞳で説明している。

ハルのスカルプチャー部をタッチしてみろ、と言い、前方からリアまで歩きながら、’こうやって(水に)触れるんだよ’ と目をつぶって話している60近いおじさんの姿は、40年間ずっと少年のままだったのです。

これって何年か前に会ったアーティストと似ている感覚だった。 

私の目の前には、山が勢いよく噴火している絵が飾られていた。

彼は自分の絵を指さし、私に言った。

’これなんだと思う?’

’いやー、ものすごい勢いで噴火して、今にも地球が熔けちゃいそうな熱さを感じるよ!’と、私。

’まさにそうだ!’

’………………….?’

’私の嫁なんだよ’

’!!!’

’彼女と私は3,4か月に一度、数日間しか会えない。だから毎日忘れられない彼女を描いたんだ!’

これが70歳を超えたおじいさんの表現力です。

マイバスキャット完成!

今年のボートが完成しました!

チャコールミストをベースに、フロセントオレンジのアクセント。

ホイールはProwlerにアップグレード。

メディアセンターステレオまで付けちゃいました!

魚探はローランスHDS12Gen3をメインにしてます。

やっぱ、走りながらスポットの名前を打ち込めるタッチスクリーンの速さと使いやすさはピカイチですね。

バスキャットジャパンHPに写真と仕様がアップされてます!

http://www.basscatjapan.com/

勿体ないけど、年末には手放しちゃうので、ご興味ある方はバスキャット取扱い店までご連絡を!

あー、今から楽しみ! これで、来週は久々のセミノールに行っちゃうよ!