Archive for September, 2010

あなたが主人公。 (2010-9-30)

夢を追い続ける応援団長、吉田幸二さんです。 アメリカンドリームはみんなが主役の大会です。 それぞれが、夢を追いかける中で、色々なハプニングや壁にも当たるでしょうが、それがドラマです。 ドラマなき人生に夢はありません。 先週のアメリカでも涙を流しながらステージでストーリーを語ってくれた子供たちがいました。 アメリカンドリームトーナメントという舞台ではあなたが主人公です。 10月31日、今年もステージでみなさんのドラマを聞かせてください。 www.kotaamericandream.com

ジュニアバスマスターチャンピオンシップ (2010-9-29)

先週のウェイインの様子が流れています。  www.freedomlightonline.com

パワーポールあげちゃうよ! (2010-9-28)

パワーポールが今年のアメリカンドリームトーナメントの公式スポンサーになりました!  アメリカでもバスマスターエリート選手の間で大流行です。 もうトーナメンターにはマストアイテムですよね! 自分も今年のバスキャットPuma FTDには2本搭載していますが、シャローの釣りにだけに便利というわけでもなく、風が出ているときのボートの上げ下ろしの時などにもちょこっと指しておくだけでボートが座礁されずに守られるわけですから、プロテクションという使い方でも、ボートバリューを維持してくれる大事なアイテムです。 今年のバスマスタークラシックでは流れの強いコンクリートのリップラップのすぐ横で釣りしていたので、ぶつけずに済んだだけでなく、精神的にも安心して釣りができて上位入賞できました。 その新品パワーポールが10月31日のアメリカンドリームトーナメントで、誰かに当たります! まだエントリー締め切りまで間に合いますので是非ご参加ください。 今年は、アルミボート参加も可能。 そして当日の朝に他のマリーナなどでボートをおろしてボートで現地集合もOKです。 詳細は公式HPのhttp://www.kotaamericandream.com/japan/index.htmをチェックしてください! エントリー順番がボートスタート番号となりますよ! そしてボートを持ってないけどゲーム感覚で参加されたいみなさんにも第2富士見池でのおかっぱリ大会があります。 最新タックルチェックもできますので是非遊びに来てください。 当日のスペシャル参加賞もありますよ!

未来のスターたち (2010-9-27)

土曜日はアラバマ州のユースディビジョンのチャンピオンシップのウェイインがディケーター市にあるアカデミーアウトドアで行われた。  女の子のペアでの出場もあり、会場は盛り上がった。 自分たちの子供がトレーラーウェイインしている姿を見て、大歓声を上げていた。 子供たちにとってはこれがバスマスタークラシックなのだ。 それぞれの地域から勝ち上ってきた、約70人のチャンピオン達は心にある気持ちを素直に言葉にして表現していた。 自分もMCをやっていて、楽しい時間が過ごせた。  地元のテレビ局もしっかり駆けつけてくれて、ジュニアのためのトーナメントを当日のビッグニュースとして流していた。  アメリカは本当にビッグである。 町中を上げて将来のスターのためにこれだけのことができる。 いつかは日本でもアメリカンドリームででも似たようなことができたらいいなと改めて思った。 イベントが終わり、買い物ついでに店に入ると、こんなものがあった。  よく見ると自分ではないか! アカデミーの店員が来て ’2週間あんたずっと、そこにいたよ!’とか言われた。。。。

こんな掛かりばっかり (2010-9-23)

最近のローガンのスポッテッドバスは同じようなフックの刺さり方が多い。 これは、もうすぐ秋が到来するということだ。  ベイトフィッシュを追いかけ、まだサイズが小さいため、すぐに丸呑みしようとしている。 それはシャッド系のルアーだろうが、クランクだろうが関係ない。 水の中はすでに秋を感じ始めている。 この時期にプラグで食わせるためには、超早巻きのリアクションバイトを狙うのが一番である。 こうすることにより、ワームなどのソフトルアーでの反応が悪く、夏から秋へ変わる時期の難しいタイミングでも、バスを釣る事ができる。 ルアーは勿論早巻きしても、水を噛んで、真っ直ぐ走るものがベストで、ロッドも急なバイトでも、ルアーをはじかない、しっかりとベリーに乗るタイプがベストである。 

テスト、テスト、またテスト。 (2010-9-18)

ここ数日間、色々なサンプルが到着しているので、毎日ルアーテストへ出ている。 それにしても、朝晩が涼しくなったためテストにも集中できる環境になってきたので助かっている。  一昨日はボートからのテストだったため、今回は岸からの使い勝手を見てみようと、夕方少し試してみた。 シャロークランクのプロトはこれまででもかなりいい感じにできていたが、また新しい動きのものが到着して試すと、これも引きやすく、使いやすい。  見た目は同じでも、水中での微妙な水を動かすパワーバランスが大きな釣果の差となることはこれまでのテストでよくわかった。 また、試したい動きが出てきてしまった。 これで、また新しいプロトを頼まなくてはいけなくなってしまった。。。。。 ちなみにこのクランクはファーレンハイト166LとアルデバランのようなライトクランキングタックルからFD1610MLFとMFにMGDCプラスブレイドラインのようなヘビークランキングタックルでも余裕で使えるようになっているため、使用範囲も幅広くカバーできるユニバーサルなクランクである。 

シャッドルアーと秋 (2010-9-16)

夏が終わりに近づくにつれ、バスもシャローに戻ってくるのは、みなさんもご存知だと思う。 特に今年の夏は、暑く長かったため、急に秋のモードに入る可能性が高い。 そうなると、近くの野池、湖や川でも天気の変わり目にバスのスイッチが入るためチェックが必要だ。 こうして秋のモードに入っていくバスを狙うのには、ジャークベイトのように派手に動き回ってバスにスイッチを入れるタイプのルアーとシャッドベイトのように、ミミックな動きで食わせるものがある。 自分はスカッドミノーやソウルシャッドでこのようなシチュエーションをカバーしている。  スカッドミノーはそのパワーと集魚力がすでにアメリカのプロツアーでも認められ、カタログにも載っていたが、2011年度からはソウルシャッドも登場してくる。  このソウルシャッドだが、68のプロトタイプの時からアメリカでもかなりの釣果をあげていて、よく釣れるルアーだと思った。 特に、ソフトルアーのワームなどにはバイトしなくても、このルアーにはアタックする時が何度もあり、不思議に思っていた。 本格的な秋を迎えようとしている中、ベイトフィッシュを追いかけ始めた今からがこのソウルシャッドの活躍する時なので楽しみである。

ローガンマーティン釣れ始めたよ! (2010-9-15)

朝と夕方が大分涼しい日が続くようになり、水温もかなり落ち着いてきた。 それにしても今年の夏は異常なほど暑い日が続いた。 バスのコンディションも大分回復してきた模様で、このバスは昨日ダグがラバージグで釣った一匹。  午後の数時間の釣りだったため、暖まりきったシャローのシェードを狙い続けて釣れた。 トレーラーはサステキ5インチで、ガッツリいいところに刺さっていた。 アラバマでもサステキは好評だが、沢山の人はラバージグのトレーラーに使っている。 確かにこのシェープであればぴったりのスタイルだ。 スキッピングもしやすいし、カバーにもすっと入って行きやすいデザインが気に入られているのだろう。 ズームのチャンクと共に愛用され始めている。 ダグは今週末のトーナメントのため、ガイドを兼ねて今日も朝からローガンマーティンへ向かった。

アメリカンドリーム用くじ? (2010-9-13)

今日は買い物に行ったら面白いものを見つけてしまったのでついつい買ってしまいました。  これは、アメリカでもよく、くじ引きに使われるチケットです。 上下に同じ番号がついていて面白いシステムです。 今年はじゃんけん大会を含め、折角なのでこれも使ってみんなで楽しみたいですね!

2011年モデル バスキャットEyra まもなく日本上陸! (2010-9-13)

バイタルスピリット(www.vital-spirit.com )へまもなくバスキャット最新艇のEyra (http://www.basscat.com/eyra.html )が到着します。 10月31日開催のアメリカンドリームトーナメントでのディスプレイに間に合うように、アメリカバスキャット本社の工場で今、作られています。  カラーリングは写真のモデルとほぼ同じですが、エンジンはヤマハの最新SHO仕様がお勧めです。 私もこの1年間ヤマハSHOエンジンを乗りましたが、これまでの船外機の概念をすべてぶっとばします。 安心感、デュラビリティーそしてスピードまでもが飛びぬけています。  お問合せはバイタルスピリット( http://www.vital-spirit.com/ )まで!スペシャルプログラムプライスで用意してるとのことですので、今回1台限定入荷のためお早めにどうぞ!