Archive for January, 2011

バスタイムス誌に! (2011-1-30)

自分が釣りしているところが載っていたと友達から連絡があり、送ってもらうと。。。 あ、ほんとだ! バスマスターエリートシリーズの宣伝に使われていました。  でも、自分を使ってバスマスターの宣伝してくれることはうれしいですね!

うれしい便り。 (2011-1-29)

九州にお住まいの下川さんから、うれしい写真付きのメールが届きました。 アメリカンドリームのステッカーが付いてる上にはしっかりとジョンボートが! 寒いかもしれませんが、アメリカンドリームを夢見てガンガン釣ってくださいね! 願えば叶う。 これ本当にありますよ! 今年は7月24日です。 詳細はもうすぐしたら、オフィシャルHPに載ります。 また楽しいイベントにしましょう!

やったよ! (2011-1-28)

フロリダ超強風、寒波、青空、激寒 (ジャケット着ちゃってる!)と最低条件が揃っている中、巻物ムービング系ルアーでナイスバスをやっつけました。 何やっても反応がなくて、あと少しで緊張の糸が切れる時の一本だったので最高にうれしかった。 最近は沢山のメーカーから色々なルアーが出ているので、なるべく試すようにしているけど、本当にいいルアーって少ないよね。 すべてのバランスがしっかり取れている物だけが本物のルアーとして生き残る。 少なくともアメリカでは、実力があるルアーだけはロングセラーになっている。 そのわずかな差がこの一匹へつながったと思う。

デューイに会ったよ! (2011-1-27)

そういえば、ボートショーでデューイに会いました。 知る人ぞ知るって感じですが、彼は以前、バスマスターのトーナメントディレクターを長年やっていました。 ふと自分の目の前を見たことある人が通ったな、と思った瞬間、すでに ’デューイ!’と声が出ていました。 にっこりと笑った顔は数年前と同じで安心しました。 自分が西海岸からスタートした時からずっとBASSにいた人で、困ったときに助けてもらったこともありました。 彼はアラバマに住んでいて、’相変わらず毎日釣り行ってるぞ!’と言っていました。 やっぱりみんな釣り好きで、BASSへ入っていたんですね!  それにしても沢山の人がきてました。 色々なボートの質問を受けたり、去年のアメリカンドリームUSAのトーナメントの事を聞かれたり、エリート戦のことだったり。。。 ある人は、自分のバスクラブのジャージーを着ながらフロントデッキに乗って、来週はこれでトーナメント出て、こんなの釣ってやるぅ!とノリノリでした。 一度乗せたら止まらない、コテコテの釣り人でした。 今はフロリダに到着しましたが、風がすごく、風速40キロ以上になって、釣りが厳しいです。 あと一日北部で練習してからオキチョビへ入ります。

月曜日夜11時から (2011-1-23)

BS-TBS 地球夢の楽園紀行 (後編)が放送されます。 http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/KDT0800600 アラバマ州のスポッテッドバス、よく言われるミーンバス(ファイトがすごい)の釣りと、アメリカでフルタイムでトーナメントを回って生活するライフスタイルの一部が流れると思います。 釣りで飯を食っていくと腹を括って、’B.A.S.S.発祥の地アラバマ州’ に家を建ててから約八年が過ぎた。 最初はこんな田舎に住めるのか?と思っていたが今では、あらゆり釣りが試せるフィールドが近くに沢山あることと、全米ツアーを回るためには世界一の場所だと確信している。 興味がある方は是非ご覧ください。  桐山孝太郎

土曜日はすごい人 (2011-1-23)

ボートショーも土曜日となると、オープニングと同時に沢山の人が入ってきた。  金曜日の午後からはバスキャット社長のリックも参加。 昨日は閉館の9時まで人が残っていたので大忙しだったが、最期のセールスが終わってからいくつかの動画を撮りました。  2011年モデルの新しいオプションや、ニュースも近日中に発表しますので、バスキャットジャパンのHPもチェックしてください。  その後は、レストランでバスキャットファミリーと一緒にディナー。 日曜日もショーがあるのに、12時過ぎまで盛り上がり、最終的に家に戻れたのは1時半過ぎ。 これからのボートのことや、マーケティングについても話せたので充実した時間が過ごせました。 

アラバマに戻ってきました (2011-1-21)

プラクティスの途中でしたが、暖かかったフロリダからアラバマへ戻ってきました。 それは今週から始まるボートショーのためです。  しかしその前にトラックのオイルチェンジをしました。 それにしても寒い時のオイルは中々落ちなくて時間がかかり大変でした。 このシェビーは6・6リットルのディーゼルで小さいエンジンなので、10クォート(約9リットル)しか、オイルが入りませんが、もう一台のフォードのディーゼルは15クォート(約13.5リットル)入るので消費量が半端じゃないです。  オイル交換を無事済ませた後、すぐにボートショーが始まる時間になったので、急いで着替えて出発しました。  早速ブレックマリンへ行ってみると、バスキャット・ヤマハでセットアップされたパッケージが何台もあり、一台一台チェックしちゃいました。 特にエイラの人気は高く、常に誰かがボートに乗ってチェックしている状態でした。 このブラックベースのPumaFTDのカラーもいいですねえ。 すぐ近くのハイダウェイハーバーのブースでは、パンテーラやPuma Advantageがディスプレイされていました。 ニューコンソールデザインはロッドティップがサイドに流しておけるスタイルになっていました。 もちろん、コンソール全体も木目プラスティックのような長持ちしない素材でなく、フルファイバーグラス仕様でひとつひとつのゲージ用にカスタムメードされて、強度、耐久性も圧倒的です。  すでに今日からボートが売れたのはびっくりでした。 明日もボートショーへ一日行って来ます。

ワニも動けず。。。 (2011-1-18)

フロリダ半島でも、北の方に来るとかなり気温も水温も下がってくる。 ここ2,3日は寒波の影響もあり、朝は0度に近い。 さすがのアリゲーターもちょっと陽がでると、陸上し、体を温めている。 フロッグを目の前に落として泳がせても反応なし。 このワニは3メートル強のサイズなので、大分年も取っているのかな? 彼らもまだ、30cmぐらいの時はトップを投げればすぐ追いかけてきて面白いのに。。。。 そういえば、何年か前、プラクティスしている時に、アーロンと小さいワニを見つけてはトップで誘き寄せて遊んでいたな。。。。 ワニも一匹ずつよく見るとそれぞれが個性ある顔を持ち、誰々に似ているとかよく言ってたな。 まさにゲータースキンを肌で感じていた。   でも、ある時、お互い順番で捕まえてはリリースして遊んでいたら、誘き寄せて捕まえようとした30cmぐらいのワニの後ろにその母親が追いかけてきていた事に気が付かず、ちょっと手前で水面に出てきて暴れて脅され、危うく ’キャッチ アンド イートされる場面’ になるところだった時もあった。  スポーンの時期はバスだけでなく、ワニもすぐ怒る事を体で学んだ ’二人の少年’ であった。

17日と24日の夜11時から (2011-1-16)

BS-TBS 地球!夢の楽園紀行に出演します。 http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/KDT0800600 雪降るほど寒い中、ソフトベイトでも食わないときにこそ、ハードベイトでのリアクションでバイトでとった模様も描かれていると思いますので、是非ご覧ください。 

新しい場所で。 (2011-1-16)

今日は新しいキャンプサイトへやってきました。 暗くなるぎりぎり前だったので夕焼けが綺麗でした。 ちょうど水際のロケーションで最高です。 明日からまた、フロッグ投げまくりです。