Archive for November, 2012

琵琶湖というパズル (2012-11-28)

今日は午後の3時間だけ空いたので、南湖へ出動。  昨日の北のパターンと似ている状況を分析、そしてトライ。  開始から1時間ぐらい動き回り、少しづつ詰将棋をしながら、バマドリームと一緒にパズルをはめていく。 すると、ゴツンとひったくれらるバイト。 フッキングすると元気なバスが首を振ってファイトする。 ランディングすると、軽く50アップ。 そしてもう一つ、二つと。。。。。冬水の流れに琵琶湖特有のグラスというパズルのピースを組み合わせると、残り1時間で答えが出た。 ガツンとバマドリームをかじった感触が手に伝わったので、思いっきり合わせると、フッキングしたロッドが曲がったまま手前に戻ってこない。 その直後、まるで、でっかく重たいウィードの塊が大暴れしているようなファイトが始まった。 25ポンドフロロラインでも中々寄せられないボディーがようやく近寄ってくると、見てびっくり! 久しぶりのロクマール! そして4390グラムのファットシェイプ! 水温が大分下がることにより、小さいバスが静かになった。 それにより、ビッグフィッシュも冬を迎える前に、アクティブになっている。 バマドリームが本格的に活躍するのは、スポーニングが始まる来春までの、これからの季節だろう。

取材日 (2012-11-27)

昨日は今年一番の冷え込み。 みぞれ&爆風でスタート。  山田祐五は近場からいきましょか、との事だったのが。。。。。キャットのハンドル握ったら、やっぱり走ります、と一言。 波もあるのに、いきなり5000回転スタート。 さくさくと上手に波を越えていくハンドリングはたいしたものだ。 さすが、一年間で600時間エンジンを回しているだけある。 日本のバスプロを含めても、ボートに乗っている時間は圧倒的だろう。 釣りの結果は。。。。 二日間予定していた取材が一日で終了できたとだけ言っておこう。  それにしても、このバマドリームは水温が落ちて、ちびバスが黙り出すこれからがビッグバスハンティングのスタートだな。

琵琶湖回復気味? (2012-11-24)

久しぶりに琵琶湖に戻ってきました。 色々なエリアを走り、一通り目を通すと、2週間前より、水温が落ちてはいましたが、かなり水が落ち着いた感じでした。 それぞれの場所で反応はあるもののビッグサイズはまだ選んで釣れる状況ではないようです。 それでも、バマドリームXバマヘッドの組み合わせに反応がでてます。 風が落ち着き、水が静かになると、派手に動かないアンモナイトシャッドとバマヘッド 1/16 オンスの組み合わせがよかったですね。 この後、50アップ後半をボート際でバラシ! しばらくバイトがなかったので、気が緩んでしまった時にヒットだったようです。 しかし、その後、コンフィデンスを取り戻し、もういっちょ追加! 私も、このサイズを2本釣り、午後から出船して5バイトでした。 アラバマ系リグも、スピナーベイトと同じで、選ぶルアーの種類、重さ、カラーリング等で大分バイト数が変わってきますね。去年までは、とりあえず投げておけばよかったアラバマ系リグですが、今年からはそういったところをもっと煮詰めて攻めれば、釣果にかなりの差がでるようです。 面白いのは、去年よりもバマドリームのヘッドに最初にアタックしてくるバスが増えているので、カラーリング選びも重要なキーとなってます。 もちろん最終的には、リトリーブスピードもコンディションにより、調整させていくのも、さらに釣れるようになるキーですよ!

Young at heart (2012-11-14)

最近は、ずっと咳と頭痛に悩まされ、琵琶湖からもすぐに戻ってきてしまいました。 さすがに耐え切れず、数十年ぶりに医者に行ってみると、昔のままじゃないですか! オフィスも、使っている器具も、そして先生や看護婦さんたちも。。。。 変わったのは ‘ 時間 ‘ というマジックが齎したエンプティーネス。 なんだか、気分は浦島太郎。 過ぎた時間はあっという間。  そんな自分も年を取っていた事に気付くが、30年前遊んでいた公園のブランコとあの時のスピリットはそのまま。  あの偉大なジョンFケネディーも言ってたね。 ‘ Young at heart ‘ やっぱ、これからもこれでしょ。 そしてアメリカでは、オバマが2期連続で大統領。 前回は黒人対女性。 しかし、今回は黒人対白人の対決であった。 あれほどまでに叩かれていたオバマが勝利。 これが意味しているものはなにか? ‘ Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country ‘ である。

バスファンからのインタビュー (2012-11-7)

先日、明け方頃、電話がなるのでなんだと思って取ると、アメリカでも大手バス釣りサイトのバスファンからでした。 どんな重要な話があるのかと聞いてると、日本では厄年があるんだって?ときた。 夜明けに厄年の話かい!?思いっきり話してあげますよー的に、この3年間で、竜巻に巻き込まれた事、車に追突くらった事、ヒッチが折れたこと、わけわからん病気にかかった事、おまけに成績が出ないことまで、たっぷり話してあげました。 そしたら、おいおい、早速記事になっちゃってました。。。。。  http://bassfan.com/news_article.asp?id=4427 そして、日本にも沢山の人を集められるイベントがあるんだよ!とバサーオールスターの話をしたら、それは凄いイベントだ!ということで、一緒に記事にしてもらいました。  それにしても今の琵琶湖は一筋縄ではいきませんね。 昨日は北へ行きましたが、風が吹き出し、1ヶ所しか回れず、そこで、いいサイズのフォローが4,5本あっただけ。 しかも、思っているよりかなりのシャローだね。 既に秋のフィーディングに入っているのは確かみたい。 これをキーに明日は新しいこと試してみます。

琵琶湖スタート! (2012-11-5)

とうとうやってきました! 久しぶりの琵琶湖です。 パワースポット的オーラを感じながら、早速キャストすると、いきなりバマドリーム&1/8 oz バマヘッド X スイムベイトにアタック!  しかし後が続かず、その後、クランクやワームで小さいサイズが釣れるも、久しぶりの琵琶湖はちょっと冷たい感じ。 最後になんと湖上でバスキャットに出会いました。 同じバスキャットファミリーとの出会いは嬉しいことです。 PIVを綺麗に乗られてました。 カラーリングもカッコいいですね! 明日は、ちょっと走り回ってみようかな。