Archive for December, 2012

今年最後?にもういっちょ! (2012-12-31)

日本は既に2013年! 明けましておめでとうございます。  こちらは、15時間遅れなので、これから大晦日です。 あれからずっと寒い日が続いてるが、毎日プラに出てます。 どんどん冷えて、水温も一気に冬になってます。 メキシコとの国境というだけあって、いつもあったかいパラダイスを想像していただけに残念ですが、これを知ることもひとつの収穫です。 10数年前、ジャッカル会長のおとーさんとニューメキシコへ到着した時の寒さにびっくりして、二人で鼻水垂らしながら、想像していた常夏のメキシコイメージが一気に吹っ飛んだ時の事を思い出しました。 (メキシコという名前だけでの妄想でした)  今年はクリスマスも大晦日も返上で、2013年の準備です。 手袋しながら、一日中、魚探かけまくったり、少し釣りもしてますが、釣りはかなり厳しい状況です。 そんな中、狙っていた釣りででてくれたバス。 こいつが今のファルコンを語ってくれました。 これを元に、今日も今から出勤です。 いつも応援してくれたり、ブログやFBを拝見してくれている皆様、2013年も、どうぞよろしくお願いいたします。

パズルゲーム (2012-12-27)

前日からのとんでもない北風がようやく穏やかになった午後の3時間だけ、ロッドを振るチャンスがあった。 夏から冬モードへ一気に戻された5年ぶりのファルコンレイクへの挑戦は、どこからスタートしていいのかもわからなかったが、それが楽しみのひとつ。  ひとつずつパズルのピースを埋めていくと同船者のS君に待望のヒット! でもサイズと魚種が。。。  やはり使っているルアーにパワーがないためだろう。 それでも本人は、’ まずは硬く一本触らないと!’ と、らしき事を言ってる。  そして又S君にヒット。 今度はましになってきました。 ラバージグをガッツリ食ってます。 そして、陽も大分沈みかけてきた頃、ふとS君を見ると、’ 今日は僕の勝ちでしょう!’ という気持ちが態度に表れていたので、こりゃまずいなと思い、気合いを入れ直し、キャストすると、、、、、 コツンと小さなバイトが手に伝わった。 ようやくキター!とフッキングすると、あれ。。。。。なんか岩のように硬くはないが、何かに根掛かった感触がした。 あーやっちまったよ、と思った瞬間、グイングイン暴れだし、途中で空中殺法まで出た。 そして、ようやくランディングすると、、、、、、 9ポンドオーバーのビッグフィッシュ!! 琵琶湖に続き、また釣ったぞぉ! まさに問答無用! それの大きいサイズ6.5”?のほうのテキサスリグです。 やっぱり、同じエリアにキャストしても、使っているルアーで釣れるバスのサイズに差がでます。 これは、琵琶湖でも同じで、ビッグバスが好むアクションとルアーがはっきりとしてます。 これを突き詰めていけば、もっと釣れる! これで、明日も元気に出勤できます。  ちなみにS君は、今回日本から一緒にアラバマへ戻ってきて、約3ヶ月間、アメリカに滞在することになりました。 釣りとバスボートが大好きなどうしようもない釣りキチ君が人生の転機ということで思い切った行動にでたのです。 そんな20代も後半の彼の視線で見た’ 初めてのアメリカ’ をブログで表現しています。 彼にとって、すべてが新鮮でリアクションも半端ないS君のダイアリー。 是非、暇な人は見てみてください。 http://blog.livedoor.jp/ysfisher/

クリスマス (2012-12-26)

アラバマを出発してミシシッピ州、ルイジアナ州、そしてテキサスに到着しました。 しかも、アメリカ最南部の国境線にあるファルコン湖で、沈む夕日に見えるはメキシコ。  到着した日は26度ぐらいあって夏だ!と喜んでいたのも束の間。 その数時間後には大寒波が通過し、台風並みの冷たい風が一晩吹き続け、一気に気温が0度近くまで落ち、冬になりました。 しかし、それでも綺麗なところです。  周りには民家も何もなく、近くの小さな町へも車で30分程走る距離がある。 それゆえに、月光が明るい。 月は日本で見てもアメリカで見ても同じであった。

アメリカでもアメドリが! (2012-12-21)

しばらく更新してませんでした。 楽しかった琵琶湖釣行から、アラバマへ戻ってきて、来期のバスマスターエリート戦のプラ準備等で動き回ってました。  アメリカでも人気のバスフィッシングサイト、バスファン( www.bassfan.com )でアメドリの事が取り上げられました。 これからも、世界をバスフィッシングでつなぐイベントとして、続けられたらいいな、と思ってます。 さて、これからテキサスへ向かうところです。 来期のバスマスターエリート戦のプリプラです。 大分寒くはなってきましたが、自分のアメリカンドリームへ向かって出発です!