Archive for February, 2014

戦闘マシン完成 (2014-2-27)

悪天候等もあり、中々順調に進まなかったボートですが。。。。  リギングもブレックマリンにて手伝ってもらい、すべてをカスタム仕上げにして完成しました。  カラーリングもかなり渋めで、気に入ってます! 次に渡すのがもったいないぐらいです。 今年は新型クーガーFTDで、デッキレイアウトが少し変わりました。 これまでより4インチほど、ワイドデッキになり、ロッドストレージの幅も大きくなりました。  中央のストレージもシャローボックスとセパレートされていて、より小物を取りやすくなっていますので、釣り最中にちょっとしたルアーチェンジや、リグチェンジ、におい付けボトルを入れても倒れないので、重宝しますね。  シートはカーペットカラーにベースを合わせて、レッドと新しいプレミアムシートのリキッドシルバーにしました。 コクピットもマリブシルバーベースにレッドリングにしたら、引き締まりましたね! フルファイバーグラスのコンソールは長期間使用でもびくともしません。 エンジンは最強のヤマハ250馬力SHOです。 日本では275馬力の表示となっていますね。 ツインパワーポールも装着で戦闘マシンの完成です! どのアングルから見ても、最高です。。。。。 さあ、次はラッピングです。

低水温の定番 (2014-2-8)

冬と早春はワームでもバイトしないことが多い。 そういった時は、ジャークベイトの出番。 ジャークしながら、水温に合わせて、ポーズを取るとコツンとスラックラインにバイトが見えるので、フッキングすると。。。。 こんなのがバイトしてきます。 私の気に入っているのは、スカッドミノー95(改)を水深に合わせてます。 水押しが強いのに、ピタッと止まるのが気に入ってます。 今日は久しぶりにこのサイズのバスが何本も釣れて楽しめました。  この時期寒いですが、ジャーキングは楽しいですよ! キモはジャークした後に、ピタッとルアーを止める事です。 今回のロッドはシマノファーレンハイト166Lで、フック1本だけ掛かっても、ばれないフレキシブルなテーパーが大事です。 リールはシマノアルデバランMGにガンマフロロの10ポンド。  一日やって一本でも獲れれば、それは釣れたのではなく、釣ったバス!になりますから、是非試してみてください。

レイクトホタックル (2014-2-2)

しばらく倒れてました。 ちょっと治ったかと思って、調子に乗って、外出ちゃうと、夕方には、頭フラフラ、のどガラガラになって寝込んでました。 バスマスターサザン第1戦目で活躍してくれたタックルです。 ニューメタMG&シマノエクスプライド172MHにガンマ14ポンド。フックはオーナーワイドオフセット(ヘビーデューティー)にセンコー6インチ。 これで、シャローフラットをゆっくり探りました。 パワフルだけど、繊細でもあるコンビなので、大きめのノーシンカーに対応できました。 プラでは、これで8パウンダーもいけました。 ニューメタMG&シマノファーレンハイト172MHにブレイド50ポンド。 ハンドメードスイムジグにシャッドテールのスイムベイト装着。 グラスの中と付近をロングキャストで攻めて、活性の高めのバスからフィニキーなバスを狙いました。 主に釣れるのは、オスが多かったですが、暖かくなるといいサイズのメスもアタックしてきました。 ニューメタMG&シマノ170Mにガンマ14ポンド。 タイガータングステン1/2オンス、オーナーツイストロック6/0、ジャッカルフリックシェイク6.8インチWM。 深めのグラスの隙間にフリップ&ピッチ用の組み合わせで、メスを狙いました。 メタMG7&シマノエクスプライド173XHにブレイド80ポンド。 タイガータングステン1.5オンス、オーナーツイストロック4/0、ジャッカルサステキ4”。 このパンチングの組み合わせだと、ほとんどのマットへ入っていきます。 ただ、マットにいるバスは1.5-2ポンドばかりで、上位を狙えなかったので、試合ではそれほど多用しませんでしたが、数はよく釣れました。 メタMGDC7&シマノファーレンハイト172MHにブレイド40ポンド。 1/2 – 3/4オンスのバイブレーションを超ロングキャストして、活性の高いバスを狙いました。  今回の大会のキーは、スイッチがオンオフなりやすい繊細な春のバスにいかに対応するかであり、その時、その瞬間にあったルアーを選ばないと、ビッグバスのバイトを逃してしまうという事でした。  私が選んだエリアは、周りに誰もいなくて、プラでは、13ポンドのバスもキャッチしました。  この1本のメスが与えてくれたヒントのお蔭で、この後ずっとメスを追い続けることができて、大会初日には、同じエリアにて、7ポンドオーバーと6ポンドオーバーも釣る事ができました。 足の速いフロリダバスを追いかけるのは至難の業ですが、私自身、自分の引き出しをいくつも増やすことができたので、楽しめました。 次戦は、2月末のアラバマ州のスミスレイクです。 山上湖でクリアウォーター。 フロリダとは全く違ったレイクでの戦いなので、それもまた楽しみです。