Archive for September, 2014

カウントダウン? (2014-9-30)

アメリカンドリームの本戦まで後1か月ちょっとありますが、そろそろ皆さんもプラクティス開始した頃でしょうか。 今年度もエントリーは現時点で、既に70チームを越えている勢いです。 今年も沢山のサポートがアメリカのメーカーから届いています。 ストライクキング( http://strikeking.com/ )からは、皆さん全員へ行き渡るようにと、沢山のタックル類が届きました。 今月号のバサーに今回のサポートに至るまでのストーリーを書きましたので、見てない人は是非ご覧になってくれるとうれしいです。 ケビンバンダムを始め、今年度BASSエリートシリーズAOY獲得したグレグハッカニー、マークデービス、そしてトッドフェアクロスもストライクキングです。 今年度のアメリカのメジャートーナメント界のすべてのタイトルを制覇したガンマラインからも沢山届いています。 http://www.gammafishing.com/   日本生まれのアメリカで生まれ変わったガンマは、化学分子のレベルで配列し直され、 異次元パワーを発揮します。 同じフロロでも擦れに対する強さが圧倒的で、ランディーハウエルが岩に擦りながらのリアクションクランキングでビッグバスを連発し、バスマスタークラシックを制したのは有名です。 そしてアンソニーガグリアーディがFLWチャンピオンシップで勝利して、アンディーモーガンがFLWのAOY獲得、そして、つい先日はグレグハッカニーがBASSエリートシリーズの年間優勝であるAOYを勝ち取りました。  彼らが声を揃えて言う事は、’ガンマは違う!同じ太さでも、圧倒的強度、擦れにも強く、ラインもしなやかでオールマイティー’ バスと自分を直接つなぐラインの重要さを見せつけられたアメリカでは、大ブレーク中です。  エリートシリーズプロでも流行っているリジッドインダストリー ( http://www.rigidindustries.com/ )からも色々なグッズが届きました。大会前日には、ディスプレイもあるので、そのパワーと明るさをチェックしてみてください。 ランディーハウエルからはメッセージとクラシックウィンイングルアーが届き、ジョンクルーからは自身オーナーのミサイルベイトグッズが届いています! 詳細はアメドリ公式サイトをチェック! http://kotaamericandream.com/japan/index.htm トーナメントエリア地図が更新され、霞ありとなっているので、ご確認ください。 オフリミットの時間も前日12時から13時へ変更されています。 ’日本のバス釣りを応援してるので、本場アメリカを夢見て、頑張り続けてほしい’ というメッセージと共に送ってくれた数々のタックルを日本に届けますので、みんなもアメリカンドリームを手に掴むまで、頑張ってください! 

オフィシャルジャージ到着! (2014-9-20)

Rayjusからアメドリのオフィシャルジャージが届きました。 通気性もよく、夏でも長袖でいけるし、というかこの長袖のほうが涼しいぐらいで、Rayjusはバスマスターエリートプロの間でも大好評です。 今回はデザインも含めてお願いしましたが、斬新的なデザインで、ジョナサンも大会で目立ってました。 自分のもそうですが、生地の肌触りもザラザラ感がなく、腕を伸ばした時も、肌になじむ感じがいいです。 あらゆるコンディションで釣りをするので、耐久性も重要なキーですが、1年使い続けてもボロがでなかったのは合格です。 日本でもRayjusを知ってる人はカスタムオーダーして作ってもらっているようですが、まだまだ、これからですね。 折角なので、スタッフジャージとしても、使おうかな?

ローカルトーナメント (2014-9-14)

今日は、ローカルのバスキャットオーナーズトーナメントのウェイインを見てきました。 ちょうど、ローガンマーティンでの開催で、家から近かったので、ゆっくり出勤できました。 地元だけのオーナーズとはいっても、20チーム以上参加していたので、結構盛り上がっていましたよー。 ライムグリーンのエイラもあったり。 色々なモデルが見れました。 シンプルなプーマもありーの。 派手なプーマありーの。 渋いカラーもあり。 新しいGMで引っ張ってたエイラありーの。 ウェイインシステムが変わっててよかったですね。 バスを生かすのにいい方法です。  ここまでするか!ってバス好きもいました。 楽しい時間が過ごせました。 頻繁に路上でバスボートに出会えるのは、アラバマならではでしょう。

俺も欲しい。。。。 (2014-9-10)

長旅からアラバマに到着すると、色々な荷物が届いていました。 その中の一つに今年度のアメドリ用の盾も到着していました! なんと、バスマスターや、アメリカのメジャースポーツ界のトロフィー、盾を作り続けているMTM Recognitionからの贈り物です! 高さはコンソールぐらいあり、重量感もありーので、俺が欲しいぐらいです! こんなの壁に飾ってあったら、ずっと眺めちゃって、永遠モンだろーなぁ。 ものすごい圧倒感です。  準優勝から5位までも、同じクオリティーですので、並べるとすごいです。 圧倒されます。 更にありがたいのは、チームトーナメントだと説明したら、全部2個ずつ作ってくれた事です。 ここのオーナーは釣りが大好きなデーブ。 自家用ジェットで世界を動き回れるほどのアメリカナンバーワンのトロフィー会社を一代で築き上げ、今は息子に譲り、釣り生活を楽しんでいる70のおじいちゃん。 15年前に初めてレイクハバスで出会った時は、私がまだ西海岸にいた頃だった。 試合のパートナーとなり、初めてあったのにも関わらず、早朝から ’あそこに急げぇ!’ と海賊のように叫びながら、ロンドンブリッジという超観光地の橋の下にボートを走らせ、’腹がいてー!’と吠えながら、人前で平気な顔して、用を足すという超インパクトあるオヤジだった。 それで、その笑い話を切っ掛けに仲良くなり、今回も ’ジャパンにいるアングラーに喜ばれるのを作ってやる!’ といって3日で作ってくれた凄いオヤジと息子からのギフト。 これらを持ち帰るのは至難の業であるが、彼らの気持ちを伝えるためにも、なんとか送り届けます!