Archive for October, 2014

90オーバー! (2014-10-29)

アメドリまで残り5日です! エントリーも90チームを越えたようです! 先週のオールスターでお手伝いしてくれたバスキャットガールズの大堀さんが、アメドリでMCサポートとして応援してくれる事になりました! ビッグスマイルで周りを明るくしてくれる彼女からは、ステージでどんなコメントがでてくるのでしょうか!? 今から楽しみですね! 今現在、大堀さんはベリーガールズ2015の最終選考に残っています。 投票時間も残りわずかですが、エントリーNo2の大堀菜穂子さんへの投票は、まだ間に合いますので、応援よろしくお願いします! きっと皆さんを明るく楽しくしてくれますよ! http://www.tackleberry.co.jp/bg2015_web_t/bg2015.cgi ジャッカルからも今年のバスキャットロゴ入り限定ルアーが届きました! 私も大好きなTN65です。 よく釣れるのですが、これはちょっともったいなくて、キャストできないかも。。。。。 参加者限定ルアーですよ!  アメドリ、まだエントリー間に合います!詳細は公式HPまで! http://kotaamericandream.com/japan/

滑り込みセーフ!? (2014-10-24)

日本に到着しました! ギリギリではありますが、オールスターに向けて準備中です。 ボートもギリギリではありますが、オールスターでのブース出展で、今年度の相棒がディスプレイされる予定です。 共に戦ってきたバスキャットと日本で会えるなんて、幸せですねぇ。 今年もアメドリ&バスキャットガールは、明るくビッグスマイルが可愛いメンバー達です。 ブースでは面白イベントをやりますので、遊びに来てくださいね!

もうすぐ到着! (2014-10-14)

今年も新しいバスキャットが日本に上陸します! まずは、私が今年度のバスマスターエリートツアーで一緒に戦ってきたクーガーFTD。 ヤマハSHOとはベストマッチングで、最高速は80マイルを越えます! それでいて、大波での走行性とボートの剛性もピカイチです! このラップ下のオリジナルカラーは、こんなでした。 ブラックベースにシルバーミストラインで決めて、レッドのアクセントです。 オールスターで展示予定なので、是非チェックしてみてください。 さらに2015年モデルが2台同時上陸です。 真っ赤なクーガーFTD。 これは、ブラックでボルトアップさせて、シルバーミストでくくりました。 そして、クーガーFTDとの兄弟艇ともなるプーマFTDです。  プーマFTDとクーガーFTDの違いは、フロントデッキにあるレイアウトで、プーマFTDはネットストレージが足元真ん中にあるため、釣りの最中はタックルに引っかからず邪魔にはならないが、すぐに取り出せるというシステムなので便利です。 プーマFTD (シートポール下の中央にあるグリップを引っ張るとネットがすぐに取り出せます) クーガーFTD (同エリアがタックルストレージになっています) 2015年モデルは、見えないアップグレードもあります。 この約2年間で、バスマスターエリート選手中心に試してきた新しいファイバーグラス素材の導入です。 去年のアイアコネリがサビンリバーで超高速走行中、スタンプに激突して、ボートのコントロールを失い、立ち木だらけの土手に突っ込んんだのは、まだ記憶に新しいです。  100キロ近いスピードでこれだけの場所に突っ込んだら、普通であれば、本体に取り返しのつかない傷やヒビが付くだけでなく、衝撃によりストレスクラックや、船体のズレ等が出てきて、廃艇だろうというのが一般的見解ですが、ボートを引っ張り出して工場でチェックしてみると、写真部分だけのダメージで、その後もアイアコネリは、同じボートを1年間ツアーで使い続ける事ができました。 ハルボトムに関しては、普通であれば、ジェルコートが全部めくれるぐらいのイメージだったのですが。。。。 ほとんどが擦り傷レベルで問題ありませんでした。  私たちの間では、ジョーク混じりに、’アイクが使っても大丈夫なんだから、アイアコネリプルーフの素材だよ!’ と言ってます。 ’より良い品質で安全に!’ というのもバスキャットのポリシーから外れる事はありません。 この3艇は、11月3日のアメドリでも展示予定なので、実際に手に触れてみてはいかがでしょうか。 ボートに関しての情報はバスキャットジャパンHP http://www.basscatjapan.com/ にてご覧ください。 お問合せは090-8188-3250市川迄。 メールは ichikawafishing359256@ezweb.ne.jp です。 さて、そろそろ、日本の台風19号は過ぎ去ったかな?  既に、来季の準備等に追われて忙しくしていますが、私も間もなく日本へ向かって出発したいと思います。  さあ、日本到着しても、オールスターとアメドリで大忙しだ!  今年もよろしくです!

アラバマ流 ’フレンド’ (2014-10-11)

今日は、ダグのチャリティートーナメントでした。 マークズアウトドアや、沢山の友人のサポートもあり、80チーム以上の参加で盛り上がりました。 ジョーイもいいスポッテッドバス釣ってます! 今年バスキャットクーガーFTDとタンドラのセットをゲットしたビルも賞金の寄付と共に、大会にも参加! 同じバスクラブの仲間も、もちろん参加です。 会場では、ダグのニックネームであるパパダグという名前が入ったTシャツやラッフルチケットの販売もあり、ダグのサポートのために沢山の人が集まって買ってくれました。   裏はこんな感じで。 ダグの家族とは、私がアラバマへ引っ越してきたと同時に釣りを通して知り合い、もう15年ぐらい、家族同様に付き合ってきました。 釣りが大好きな彼は、週末の釣りを楽しむために、毎週月曜日から金曜日は朝5時に起きて、メカニックとして仕事をこなし、土曜日と日曜日は、朝3時に起きて、トーナメントに参加するという生活パターンをずっと続けてきました。 しかし、数年前から、体調を崩し、皮膚がん、前立腺がん、そして約2年前には腎臓がんになってしまいました。 二つあるうちの一つの腎臓を手術で取ってしまってからは、スローテンポにはなったものの、それでも釣りを続けていました。 抗がん剤は、とても高価であるのと、副作用が強烈なので、選択せず自然に身を任せる形で生活していました。 しかし、約3か月前に、脳血栓になってしまい、その手術をしてからは、食欲も失ってしまい300ポンドあった体重も今では200ポンドまで落ちてしまうぐらいになりました。 そしてとうとう、腎臓が機能しなくなってしまったため、ダイアノーシスで、体の毒を取り除くシステムを入れたのですが、この先は不明です。 それとは反して、病院からは一億近い、普通の人からしても天文学的数字の請求書が届きます。 保険が適用されたとしても、残額は数千万。  立ち上がる事もできない彼と家族にそんな額なんて払えるわけありません。 周りの仲間も知っています。 このトーナメントでも、そんな額なんて集まるわけありません。 しかしそれでも、仲間が集まって、今日のチャリティートーナメントを開催しました。 そんなアラバマ人の友を想う気持ちの行動力には驚かされます。  時折見えたタミーが孫を抱きしめている時の涙。 それを知っても知らぬふりして、優しく受け入れる孫のトーリ。 私も微力ながらに会場で、お手伝いさせてもらい、チャリティーTシャツも数枚購入してきたので、オールスターのブースとアメドリ会場にて、特別チャリティーさせて頂こうと思っています。 そのうちのひとつは、今日と同じで、ダグを元気付けるために、会場にお越し頂いた人のサインをTシャツに書いてもらって、アメリカに持ち帰って本人に渡したいと思っていますので、是非お立ち寄りください。 それと、アメドリのオフリミット期間ですが、最後までプラしてアメリカを目指したい!との希望が沢山届いたため、オフリミット期間を取り除く事にしましたので、皆さん頑張ってください! 今年もすでに80チーム近くが既にエントリーしてくれているようです。 私も間もなく、皆さんの笑顔に会えるのを楽しみに日本へ戻りますので、よろしくお願いします! 皆さんのアメリカンドリームをサポートしてくれるメーカー様からも、どんどん荷物が届いていますので、アメドリ公式HPをチェックしておいてくださいね! http://kotaamericandream.com/japan/