Archive for November, 2016

ライブ抽選! (2016-11-18)

アイクのジャージが届きました! 明日の土曜日夜8時に、フェイスブックライブに挑戦してみますね! アメドリ参加者全チームの中からライブ抽選で決めます! 現地観戦されたい方は成田市の和食創作料理のわき田にて行いますので、是非お越しください! http://narita.soushin-ichiba.jp/wakita/ なおちゃんのフェイスブックでライブに挑戦するので、興味ある人は見てください。 https://www.facebook.com/naoko.oohori もし、リアルタイムでオンライン観戦者がわかる場合は、なんとこの前まで日本にいたケビンショートのクランクもライブ抽選しちゃおうかな! しかも直筆サイン入りだよ! 是非見てね!

Another American Dream. もう一つのアメリカンドリーム (2016-11-11)

Another American Dream へのご案内 12月10日(土)19時、会費5000円程度、成田駅周辺の会場にて、アナザー・アメリカンドリームの開催を考えています。 忘年会?クリスマスパーティ?って感じの乗りのイベントですが、アメドリ大会当日は忙しくてお話しできなかった事や、アメリカの知りたい事、ボートの事やルアー、釣りの事など、アメドリ特有のボーダーレスのなんでもトピックありの場です。 大会参加してた人だけでなく、リミットなしのボーダーレスでのご招待です。 ボートなくてもOK!アメリカやバス釣りにご興味ある人は是非ご参加ください。 みんなが主役のイベントです。トランプや坂田君が証明してくれたように、この世に不可能はない! そんなヒーロー達が集まるこれからのアメドリについてみんなで語り合いませんか? もしかしたら、とんでもないトピックもでてくるかも。。。。。。 参加人数により、会場を決めますので、参加申し込み期限を今から1週間後の11月18日としたいと思います。 参加表明、質問、詳細等は、アメドリガールでママキャットとなった、なおちゃんまでメールにて、よろしくお願いします。 naoko.ohori@gmail.com それでは皆さん、またお会いできる事を楽しみにしております! Your turn might be the next! 次は君の番かもしれない! www.kotaamericandream.com/japan

ファイナルアンサーは? (2016-11-9)

ヒラリー政権の何も変わらぬ、わかりきった未来より、 何がどうなるかわからないトランプに希望を賭けたアメリカ人。 今、我々がわかっているのは、これから何が起こるか何もわからない事。 やはり未来は勝ち取るものなのだと教えてくれた、アメリカ。 America sees the hope with the unknown future than the unchanged future with Hillary.

Impossible is nothing! みんなありがとう! (2016-11-3)

沢山の皆様のご参加、ご協力、ご支援により、2016アメリカンドリームを無事開催する事が出来ました。 ありがとうございます。 まずは、坂田君優勝おめでとう。 彼は、サラリーマンとして生活している30代。 普段は、毎日残業当たり前の生活を送り、たまに息抜きで釣りに行ったり、トーナメント出たりと、バスフィッシングを楽しんでいる。 そんな彼にさらなる壁が。。。。 アメドリ出場予定のパートナーが前日キャンセル。そして、本人も体調不良にて当日の朝一まで出場する気なし。 しかし、スタートタイム寸前に、やっぱり行ってきます、との事で一人出船。 そして、優勝。 簡単に書けば、これが結果であった。  しかし、彼の中では普段の残業の疲労や体調不良、睡眠不足が寸前まで邪魔をしていたに違いない。 それに加えて、大会前夜遅くまで、皆さんのエントリーシートに一枚ずつ、データのインプットをしてくれてましたので、精神的にもボトム状態であったと思います。 その壁をあえて乗り越えて出動する決意をした事が一つのステップ。 今回出場して頂いた皆様も同じような経験をされてのご参加だったと思います。 ここが一番のターニングポイントですよね!  参加していなければ、優勝という結果はありませんでした。 プラが全くできていなかったからとか、体調が優れないからという言葉を被らず、前進できた皆さまにおめでとう&ありがとう、という言葉を送らせてください。  そしていつ、どこで、どんなチャンスがやってくるかわからない今の時代は、’自分の人生’というトーナメントに参加し続けてこそ、 ’優勝’ を勝ち取るチャンスがやってきます。 まだ、来年のアメリカンドリーム開催は未定ですが、皆様がこれからチャレンジするであろう人生のトーナメントで勝ち続けられることを願っております。 最後に、この大会を開催するにあたり、ご支援、ご協力頂いたスタッフの皆様、潮来マリーナ様、バスキャット正規代理店ビーフリーク様、ボランティアスタッフ皆様、日米各メーカー様、ケビンショート氏、選手のアイデンティティともいえるトーナメントジャージを提供してくれたアメリカのバスプロ仲間達、前日まで徹夜でステージバナーを作成してくれたMK-Kikaku村上様、そしてご参加頂いた選手の皆様に心から感謝致します。  ‘Impossible is nothing’ 不可能はない、という事をみんなに証明してくれた坂田君は来年4月にガンターズビルにて開催されるバスキャットインビに参戦予定です。 皆様の応援よろしくおねがいします! さて、ケビンの日本滞在は残りわずか。もっと日本の素晴らしさを知ってもらうために、琵琶湖に向かって出動します!