あなたが主人公

2010年度アメドリチャンピオンチームが日本へ無事到着されたと連絡が届き安心しました。 朝から晩までずっと釣り、バスキャットボート本社を訪れ職人達が造るボートのプロセスを見学したりと、忙しい毎日でしたがお疲れ様でした。 彼らの顔が真っ黒になるまで釣りしている姿と楽しそうな様子を見れたことが私の次へのステップのエネルギーとなりました。 又、釣りを通して、違う国の人々と接触、会話して何か新しい発見があったと聞いたときはうれしく思いました。 それこそが、私がこのアメリカンドリームというタイトルをつけた理由です。 ただ、アメリカへ招待して釣りをするだけなら、簡単にお金を払えば誰でもできてしまいます。 しかし、他国の人とコミュニケーションをとる努力をしたり、英語の勉強を事前にしてくる姿勢にこそ、本来の目的があります。 釣りだけの世界に留まらず、もっと羽ばたいて欲しいという願いを込めてこれからも続けていきたいと思っています。

アメドリ開始して4年。 先を考えず勢いでスタートしましたが、毎年増えていく参加チームや、みんなのレベルの向上を見ていると、沢山の人がまだアメリカへの挑戦に希望を持っていることが改めて認識できたので続けてきてよかったと思ってます。 そしてみんなの元気と情熱が私への報酬です。 2011年のアメドリの受付もスタートしました。 詳細は公式HPをご覧ください。 

今年は季節を変えて、夏の開催となっています。 秋とは違った動きをしているバスにどれだけ対応できるかがキーとなるでしょう。 バスキャット社長リックピアース氏からもメッセージを預かっています。 ’ 日本のみんなに言っておいてくれ、日本は地震と津波で大変な状況に置かれているが、夢を諦めずにがんばって欲しい。 アメリカのこんな田舎からでも日本へ想いが届くことを願ってます ’ 

日本とアメリカ。 地球の反対側で生活していても、想いは一緒です。 その夢を求めて、今年もまた新たなドラマが繰り広げられることでしょう。 ひとつの夢を勝ち取るためには沢山の苦痛や苦労もあります。 しかし、それゆえに勝ち取った時の喜びも大きいのです。 バスフィッシングを通して経験した事はこれからの人生にも必ず役立ちます。 人生の勝利者になるためには、その物語の主人公であるあなたが、あなた自身との戦いに克つ事です。 2011年7月24日、アメリカンドリームのステージでみんなに会える事を楽しみにしてます。

桐山孝太郎

admin posted at 2011-5-26 Category: categories

Leave a Reply

(Ctrl + Enter)