暑さによる魚のケアとデットフィッシュペナルティーについて

今年度のアメドリは水温が高い時期なので、魚のケアに十分ご注意ください。

水温を低く保てるよう氷や保冷剤、又は活性剤等を使用して魚のコンディションを保ってください。

ウェイインは魚のコンディションを考え、一度にウェイインに並べる人数に制限を設け、

運営側で公式ウェイインバッグと魚をケアする活性剤を用意いたします。

ちなみにこの活性剤のRejuvenadeは大会選手でもある前田君が提供してくれました。 ありがとうございます。 

尚、死魚の判定についてはエラの動かさないものを対象とします。(死魚の判定についてはスタッフが行います。)

死魚を持ち込んだ場合、死魚を除いた重量から1キロマイナスとしますので、魚の管理には十分気を付けてください。

※ライブウェルでの魚のキープは3匹までとし、それ以上の魚はキープしないこと。

上記についてはアメドリ公式HPに掲載されているので、ご確認ください。

admin posted at 2011-7-22 Category: categories

Leave a Reply

(Ctrl + Enter)