明けましておめでとうございます。

相変わらず、ドタバタしていますが、あっという間に年が明けました。 2011年は交通事故やトルネードで家の屋根や窓などぶっ飛ばされ、レンガの家が割れたりと、まだ厄年前なのに、厄年まで生きられるのか?と疑問に思っていましたが、沢山の人々に支えられ、無事乗り越えることができました。 又、新しいチャレンジもできたりと、なんだかんだいっていい年でもありました。 いつも応援してくれている皆様、ありがとうございます。 例年の大晦日はアラバマの家の近所の子供たちと花火で遊んだりして過ごしていましたが、今年はアラバマ工場で年を越しました。 最近は寝る時間も減りましたが、毎日が刺激的で、それはまるで初めてアメリカの土地に足を踏み入れた時の感覚に似てます。 

生まれて初めて乗った飛行機が向かったのはニューヨーク。 到着寸前の、その窓から見たときの、あまりにもの日本との景色の違いにびっくりしたのと、その先に何が起こるかわからない期待と不安。 英語も話せず日本を飛び出してきた18才には、それでも期待のほうが遥かに大きく、その未知なる世界へ飛び込んでいく自分を待っているだろう未来を想像し、流れた涙。 あれから20年経ったが、あの時の少年の気持ちは今も変わらない。 

2012年も全力で前進していきますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。

桐山孝太郎

admin posted at 2012-1-2 Category: categories

Leave a Reply

(Ctrl + Enter)