ハプニング。。。

移動日は大変でした。 早朝出発したのに、ヒューストンを越えてしばらく走っていると、いきなりバン!という音が聞こえてきたので、なんだろうとサイドミラーを見てみると、タイヤが横にぶっ飛んでる! 

あわてて止まってみると、リアタイヤの一個がむけちゃって、スティールが全部むき出し!フェンダーまで曲がってるじゃないか! 

トラックはデューリーで後ろに4個タイヤついているので、やっかい。 おまけに、スペアタイヤが付いている場所と外し方が特別難しいだけでなく、キャンパーが乗ってるから、一時呆然状態。

まあ、あわててもどうしようもないので、腹をくくって、キャンパーをある程度上げて、スペアタイヤへアクセスできるロックをはずし、1メートルぐらいのバーを突っ込んで回しながら、スペアタイヤをおろしたはいいけどこれがまた、大変。 ゆっくり作業なので、かなり時間が掛かってしまった。 そして、キャンパー付きのトラックの重たいこと。。。。。 

リアアクセルにジャッキをセットして亀のようなスピードで上がっていった。 そしてようやく交換完了。 2時間以上掛かってしまったが、こういう時こそ、ニューヨークの大学に通ってた時にしていた車検&修理工場でのバイト経験が役立った。 当時はオンボロのムスタングを乗り回していたのだが、いつも壊れて、修理代が払えないため、貧乏学生の自分が思いついたのは、修理工場でのバイト。 そうすれば、パーツは安く手に入るし、修理も勉強できるからだ。 それにしても、あのままわからないままだったら、勿論誰も止まってくれるはずもないので、ずっとあの場にいることになっただろう。 それか、時間を掛けて調べて、高いお金を払って、いつ来るかわからない助けを呼ぶか。 そう考えると、アメリカも恐ろしいところだ。 

暗くなる直前に無事キャンプグランドへ到着して、設置したのだが、ほっとした時に、急に肩と腕や、指に痛みを感じた。 頭も痛いと思って触ってみると、瘡蓋がとれるし、指にはタイヤのスティールが入っていてチクチクしてるし。。。。。

あの時はアドレナリンが回ってて、色々ぶつけていたのに気が付かなかったのだろう。 なんか嫌なこと続きだが、幸いに、夜でもなく、雨でもなかった日中に起こってくれたことに感謝するか。。。。やれやれ。

admin posted at 2013-3-17 Category: categories

Leave a Reply

(Ctrl + Enter)