’魔瞬’

先週の試合は苦しみました。 フィールドの大半が同じエリアでのサイトフィッシング合戦になることがわかっていたため、あえて違うエリアを見つけておいたのだが、それはそれで、ボートトラフィックにて撃沈。 その後、サイト合戦に合流して、でかいバスを見つけるも初日は8ポンドクラスを逃した。 二日目は、周りのプロたちがバイトさせることができなかった10ポンドオーバーを2時間掛けて食わせるも、ウィードに潜られ手前で逃した。 

目を閉じれば、今もその瞬間がスローモーションで目の前に映し出される。 

あのモンスターがバイトする一瞬の時間。 いつ、いきなりルアーを持っていくかわからないため、遠くからバスの動きをずっと目で追っていたのだが、さすがの長期戦に疲れを和らげようと、ふと目を閉じて深呼吸をした時に起きた、まさに魔の瞬間である。 かすかに遠くから見えていたモンスターの影が微妙に動き始めたと思ったら、その黒い影の中から一瞬だけ、白いラインが目に入った時、体に電撃が走った。 それは、その白いラインが、モンスターの巨大なギルであり、そこが開いた瞬間だという事がわかっていたからだ。 そして、吸い込まれたルアーがスラックしていたラインをピクリと動かしたのと同時に、フルフッキング! モンスターが浮き上がり、体全体を見せた時、改めて自分のヘビーアクションのロッドを曲げきっているパワーを感じながら、その太さと体高にしびれた瞬間、フルスピードで真横に突っ走っていった。 それを、なんとか阻止するも、今度はフルスピードで下に潜り、グラスに突っ込んでいった。 そこでスタックしているバスを取りに行こうとエレキをフルスピードで走らせるも、相手はそこで暴れまくり、グラスを利用されてフックが外れた。 そして、その直後、デッキで倒れている自分がいた。

釣りはこれだからやめられない。 

今日は、チームジャパンがバスキャットに到着する日だ。 彼らにも、バスキャットインビテーショナルとアメリカ滞在を楽しんでもらえるように、今週はサポートしてきます。 彼らの活躍の様子とレポートや写真はアメドリオフィシャルHP http://kotaamericandream.com/japan/index.htmにてアップの予定です。 彼らの応援の程、よろしくお願いします。

admin posted at 2014-3-25 Category: categories

Leave a Reply

(Ctrl + Enter)