チカマウガエリート戦タックル

基本的には天気によって、タックルを調整していったので、写真のものがすべてではないが大会のメインタックルとなった。

エクスプライド172MH&メタニウムMG・ガンマフロロ14ポンドの組み合わせにジカリグ&7”ワーム又はフットボールジグ。 このコンビで、ハードボトムと沖の沈みモノを攻めた。 カバーの中を通り過ぎる時に微妙にティップが入り、どこに当たっているのかがわかりやすいティップとレギュラーテーパーがグッド。 ジカリグはシンカーを複数着ける事により、ラトル音の役目を果たしてくれるのと、真っ直ぐ落としたい立ち木等のカバーに素直に落ちてくれるのがよかった。 14ポンドでも問題なくカバーを攻める事ができるガンマラインはグッド!

エクスプライド173MHPF&メタニウムMG・ガンマフロロ14ポンド。 1/4ozタングステン、オーナーオフセット5/0、12”&14”ワーム。 シャローフラットやウィード周りを攻める時に使用。 ウェイトを軽めにして、ウィードにワームを潜らせ過ぎずに、全体的シルエットをアピールしてデカバスを狙った。 2年前の夏の琵琶湖でもよく釣れたリグである。

エクスプライド173MHCR&メタMGDC7、ガンマフロロ12ポンドに各種ディープクランク。 とにかくアピールが強いディープクランクで、状況に合わせてルアーチェンジし、ボトムにいるバスからサスペンドしているバスを釣った。 難しかったのは、天気と時間により、バスがすぐに移動するので、3回キャストしてはルアーチェンジし続け、その瞬間のパターンに合わせる事だった。

アメドリ2014開催決定! 11月3日 潮来マリーナ 詳細はオフィシャルHPまで! http://kotaamericandream.com/japan/

admin posted at 2014-6-24 Category: categories

Leave a Reply

(Ctrl + Enter)