あっという間の時間

ケンタッキーレイクから戻ってきて、ダグに挨拶行って。。。。

20150618_162451_resized

ボートのメンテしたり。。。。

20150618_225156_resized

色々準備していたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

今回は特に、これから、片道2000キロかけて、アメリカ北部へ攻めに行くので、トラックのオイル交換や、トランスミッション系のメンテしたり、なんとスーパーチップを搭載させてコンピューターチューンまでしちゃいました!

20150619_150645_resized

最新タッチスクリーンパネルで、指先ひとつでトラックのブレーンを5段階調整! 燃費重視のエコノミーモードから牽引、パフォーマンス、そしてエクストリームのモードまで搭載して、最大150馬力以上もアップ! これで、ちょっと北への長旅が楽しくなりそうです。

20150619_163754_resized

あああ、家で過ごせた1週間があっという間に過ぎちゃった。。。。。。

以下は、ケンタッキーレイクで決勝進出するのに、活躍してくれたタックル達です。

20150619_173345_resized_1

朝の活性が低いときは、フリックのドロップショットでリミットを揃えて、日が昇ってからはルアーのサイズをどんどんアップさせて、入れ替えをするというのが、パターンでした。 11インチのジャイアントミールをキャストしても、40cmぐらいのバスがガンガンアタックしてくるのが、面白ろかったですねぇ。 3/4オンスのフットボールにサステキをトレーラーでつけて、ハードボトムの中のベストスポットを探り、その時のスポットの中のスポットを見つけると、マグナムスプーンや、超ビッグクランクで、入れ替えサイズのバスを釣りました。 マグナムスプーンに使ったリールは、キュラド。 これは、アメリカでもベストセラーモデルのリールですが、これだけの負担が掛かるテクニックでもまったく問題なくクリアでしたので、このプライスで、このクオリティは半端ないですね。 ビッググリップが搭載され、デカベイトでも問題なく対応できるので、気に入っています。 ラインキャパもガンマフロロ20ポンドテストが、このスプーン用に十分巻けるので、ベストマッチです。 これで6ポンドオーバーのバスでも、全部余裕で引っこ抜けました。

20150606_102441

ガンマラインがすごいと思ったのは、他社ブランドの同じ20ポンド以上の太さのラインを使っていると、ラインの表面が固いため、キャストする度に、ラインどうしがスプールで噛んでしまい、まともなキャストにならなかったのが、ガンマの20ポンドだとマグナムスプーンが問題なくぶっ飛んでくれる事でした。 普段は、ラインノイズが少ないのが利点だと思っていたことが、エクストリームな状況の釣りになると、それが大きな差となって表れるんですねぇ。

さて、明日は、タックル準備して、北へ旅立ちます!

フェイスブックでは、より近況をアップしてますので、チェックしてみてください。

https://www.facebook.com/kotakiriyama.bass

バスキャットジャパンのページもスタートしました!本国アメリカのバスキャットボートやバスキャットプロの活動情報、そして日本のバスキャットファンやオーナーの皆さんが集まって、楽しめるページとなってくれたらいいなと思っていますので、よろしくお願いします。

https://www.facebook.com/basscatjapan

20150620_210154

admin posted at 2015-6-20 Category: categories

Leave a Reply

(Ctrl + Enter)