2016年度アメリカンドリームの完了

昨日で、バスキャットインビテーショナル全日程が終了しました。 そしてチームジャパンとして参戦した坂田選手とバスキャットオーナーとして参加された中原さんから、無事日本到着のご報告が届きました。

大会最終日の坂田選手は5ポンド近いサイズのガンターズビルバスを持ち込んでくれて会場が沸きました。

中原さんも、3本で10ポンドオーバーといういいサイズのバスをウェイインして盛り上げてくれました。

二人とも普段使い慣れない苦手な英語であっても、ステージに上がった時の釣りや旅の説明をしようとしている姿は逞しく、嬉しく思いました。 文法の間違いを気にして話さないよりは、知っている単語を繋げるだけでも十分相手には気持ちが伝わります。 会場にいたお客さんやバスマスターエリート選手にも、その気持ちが伝わり、喝采を浴びていました。

毎朝3時過ぎに起きて釣りの準備をして、丸一日湖上で釣りを楽しみ、会場や町で明るく振る舞うアメリカ人やカナダ人との出会いに圧倒されることもありましたが、文化の違いを肌で感じて視野の広がりを覚えたり、短い時間ではあったと思いますが、釣り以外の事も体験して感じる何かがあったようです。

特に試合スタート直前のアメリカ国家が流れている時に、直立して帽子を取り、胸に手を当ててるアメリカ人の姿を見た時は、彼らの愛国心を垣間見たようです。 いつも自分を確立して生きているアメリカ人をまとめることは難しいですが、彼らの国への愛と敬意が絶大なものである事を証明していますね。 そういった機会に出会えるからこそ、私たちは日本人としてのアイデンティティと ’自分’ という存在を考える事ができるのかもしれません。

大会二日目の朝のスタートライブ中継は私のフェイスブックページの載っていますので、ご覧頂ければ、雰囲気が伝わるかと思います。 https://www.facebook.com/kota.kiriyama

今回のアメリカンドリームトリップの写真や動画は公式サイトにてご覧いただけます。
http://www.kotaamericandream.com/japan/index.html

さて、これにて昨年11月3日の文化の日に開催されたときから始まった2016年度のアメリカンドリームが完了致しました事、ご報告とさせてください。 このイベントを開催するにあたり、ご協力、ご参加頂いた皆様にお礼を申し上げます。 皆様の ’夢’ とそれをサポートする姿勢があるからこそ、’アメリカンドリーム’ が存在しています事、大変感謝いたしております。

約半年間という時間が流れましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 仕事、学校等、お忙しい時間を過ごしているかと思いますが、次なる目標と夢を持って進んでください。 アメリカンドリームも今は無事終了した事にホッとしている感がありますが、今後が決まり次第、このブログやフェイスブック等のソーシャルメディアから、皆様にお伝えさせて頂きたいと思っております。

それでは、Let’s American Dream! 

また、皆様にお会いできる事、楽しみにしております。

2017年4月24日

桐山孝太郎

admin posted at 2017-4-24 Category: categories

Leave a Reply

(Ctrl + Enter)