Story of 2017 アメリカンドリーム

朝3時。

疲れているはずの体なのに、起きてしまう。 そして、フェイスブックを開いてみると、沢山の人がアメリカンドリームの事をアップしてくれている。 やってよかったな、と心にこみ上げるものがあった。

そこから寝ようとしても、寝れない。なぜだろう。 エキサイトしたのかな? 年を取ったのかな? 

よく考えたら、アメリカンドリームも今年で10回目。 そう、あれから10年経ったんだ。。。。。

最初は、自分がバスマスターエリート戦を優勝した年に、日本のみんなに伝えたかった事があって始めた大会。 

それは、夢を追いかけていれば ’生きていられる’ 事。 私にとっての生きるとは、毎日が ’生きている’ 時間を過ごす事。

そうすれば、人生が充実すると信じている。

2017年アメリカンドリームは色々な事を考えてのスタートでした。

まずは、大きな事故もなく、無事に終了できた事、皆様に深く感謝いたします。

この大会を開催するにあたり、多大なご協力と国境を越えて応援してくれた日米両国のスポンサー様、ビーフリーク様、現地スタッフ皆様、潮来マリーナ様、各メディア様、選手の皆様、Bass Cat社、トーナメントジャージを提供してくれたアメリカの戦場仲間のバスプロ達、米国Bass Cat社を代表してきたKevin Shortケビン、なおちゃん、そしてこれまで裏でずっと支えてきてくれた私の家族。 みんながひとつとなってくれたため、10回目のアメリカンドリームを開催する事ができました。 本当にありがとうございます。

そして、2017年チャンピオンチームとなった草深さん、川村さん、おめでとうございます。 台風が二発来た後の、振り出しに戻ったレイクを見事攻略しての勝利です。周りの誰もが最強チームだと話していたプレッシャーに勝っての、二人のスマイルが印象的でした。

準優勝のチームSite51の馬場さん、山崎さん、惜しかった、ではなく、おめでとうございます、と言わせてください。 いつもフェイスブックのビッグバス投稿を見てて、場所もルアーも隠さずしてのこの成績は素晴らしいものでした。

3位の松村さん、仲田さん、おめでとうございます。前日のガイドでもいいバスを釣ってでの、この結果もさすがです!

同ウェイト3位となった2016年、2015年チャンプ組のチームセンターフィールド・坂田さんと鈴木さんも最後に見せてくれました。最初のビッグバスを出した時は、どうなるのか!と会場を沸かせてくれました。鈴木さんは風邪ひいてフラフラになりながらも、最後まで戦い抜いたスピリットは凄いですね!

5位チームの佐藤さん、梶原さんも素晴らしかったですね!途中はずっとドキドキでしたねー! おめでとうございます。

さて、2018年の春にバスキャットインビテーショナルが開催予定となっています。 いつかはアメリカで戦う事を夢見て釣りしてきましたと語ってくれた草深さんと川村さんが日本を代表して戦ってきますので、皆様応援の程、よろしくお願いいたします。

それでは、皆様の ’夢を追いかけ続ける人生に乾杯!’ という事で、再会できる事を楽しみにしております。

2017年11月4日

From KOTA KIRIYAMA

admin posted at 2017-11-3 Category: categories

Leave a Reply

(Ctrl + Enter)