アメリカンドリーム in USA の出発!

今日はレイクウィーラー畔の町、ディケーターまで行って来ました。 この湖と町は、バスマスターがほぼ毎年開かれているのでバサーを読んでいる人ならご存知の方が多いと思います。 テネシーリバー系の湖で、ひとつダムを越えたら、あの有名なレイクガンターズビルです。 それにしてもアラバマではめずらしく朝から雪が降っていました。 

DSCF0157

レイクウィーラー沿いを走っていると、ここ数日間の冷え込みでなんと、レイクウィーラーが凍ってるじゃないですか! 

DSCF0164

DSCF0161

チャンネルの部分だけ少し凍っていないだけで、あとは真っ白です。 それでも、トラックを乗り付けて岸から釣りをしている人を何人か見かけた時には、さすがアラバマ人、と思ってしまいました。 

実は今日、この町に来たのには理由があります。 アラバマ州の役人とミーティングするためです。 それも、アメリカでアメリカンドリームトーナメントを開くための相談です。 アラバマに住み始めてからここ数年、たくさんの人たちに’日本にバスはいるのか?’ などの質問をたくさん受けてきました。 ひどい人は’日本はどの州にあるんだ?’などと真剣に話している人もいたぐらいです。 日本からニューヨーク、ロサンゼルスに越してきた時はそれほどのギャップを感じなかったのですが、B.A.S.Sトーナメント発祥の地アラバマ州、いわゆるディープサウスの人たちから日本はこのように見られていたのです。 しかし、その人たちが今、日本に興味を持ち始めました。 それは日本の釣具メーカーの努力で高品質とハイテクノロジープロダクトというところから認められ始め、日本人アングラーの挑戦、そして今話題になっているワールドレコードクラスのバスが釣れるレイクがある国ということがしっかりと伝われ始めたからです。 これにはインターネットの普及も大きな影響を与えています。 5年前までは’釣りに着てる時まで、嫁にしばられたくないぜ!’と言って携帯電話さえ拒否して持っていなかったアメリカ人の友達は今、ロッド片手に、アイフォンでインターネットまで始めて’これはタバコの次にすばらしい発明だ!と言っています。 アラバマ州のバス釣りのクラブミーティングに参加すれば、どこどこのHPやブログに書いてあった日本からの新しいルアーやリール、ロッド、フックなどの話題で持ちきりです。 そして、とうとう、日本に行ってみたい!となってきたのです。 

DSCF0026

しかし、ほとんどの人はパスポートでさえ持っていないのが現状であるため簡単に日本に行こう!とはなりません。 そこで、思いついたのがアメリカンドリームIn USAです。 いくつものフィッシングクラブミーティングに参加したり、タックルショップと話をしたりしながら、どのようにしたら現実化できるかを考えて、とうとうアラバマ州の観光局と連絡することを決意して電話しました。 

とりあえずは、自己紹介して相手してくれればありがたいなぐらいに思っていました。 最初のオペレーターに自分の名前とバスマスターエリートシリーズに出場していることを告げると、’ちょっとお待ちください。 ちょうどいい人がいるわ。’

その数秒後、電話の向こうから ’コーーーターーー!ハッピーニューイヤー!?’という大声が聞こえてきました。 何がなんだかわからず唖然としていると ’私の名前はケイ。 エリートシリーズがアラバマで開催される時にはいつも私がバスマスターと話しているから、あなたのことも知ってるのよ!’ ’あなたがレイクウィーラーやガンターズビルでファイナルに残った時はちゃんとウェイインにも行っているのよ!’ 

そして、その10分後には、’面白いアイデアだし、人も集まれば町も喜ぶし、アラバマ州でサポートを考えたいのでぜひミーティングを明後日の朝9時にセットアップするので会いましょう!チャオ!’ 

そして、今日のミーティングではケイ以外に3人の人が集まってくれてミーティングをして、アラバマ州とディケーター市が協力してくれることになり、アメリカンドリームがアメリカ人の協力を得てアメリカに上陸することになりました。 これからどれぐらいの時間がかかるかわかりませんが少しずつ決めていく予定ですが、自分のようなちっぽけな日本人のアドベンチャーに協力してくれる気持ちがとてもありがたく、うれしく思っています。 

このHPではアラバマのことやイベントが紹介されていますので、みなさんも是非見てみてください。 バスフィッシングや他のアウトドアも沢山紹介されています。 

http://www.northalabama.org/

桐山孝太郎

admin posted at 2010-1-9 Category: categories

Leave a Reply

(Ctrl + Enter)